重要なお知らせ
オンデマンド印刷で使用しているプリンタが2021年12月1日で変更になります。
詳しくはApeosPro C650をご確認ください。

ApeosPro C650

当ページは編集中です。

ApeosPro C650」(以下、APC650)は、富士ゼロックスが富士フィルムBIに社名を変更して最初にリリースされたプロダクションプリンタです。

2021年12月1日より稼働開始(予定)です。

変更の理由

前機「DocuColor 1450 GA」(以下、DC1450GA)の老朽化による保守終了のため、設備を入れ替えます。

品質の差異

本機 APC650 と前機 DC1450GA は系統が異なります。 トナーやプリント方式が異なりますので、印刷品質には差異が発生します。 リピートの場合はご了承ください。

リピートにおいて、機種入れ替えに伴い発生する差異については不良となりません。 予めご了承ください。

トナー:テカリが抑えられます

前機は微コートトナーでしたが、本機はマットトナーです。 トナーのテカリが軽減され、用紙の質感が出やすくなりました。 コート紙用のグロスコントロールは継承されていますので適用します。

RGBカラー:色が変わります

残念ですが、RGBカラーデータは色が変わります。 RGBカラーをプロセスカラーに変換する処理が全く異なるため、全体的に色が変わります。 この問題についてはメーカーの開発部にまで遡ってもらいましたが、どうにもなりませんでした。 新旧同じ設定でプリントしても差異が発生するため、目視により設定を調整し差異を小さくできるよう詰める予定ですが、入れ替え直後は安定しない恐れがあります。

用紙:質感向上

トナーがマットになったことにより、紙の色味や表面の質感は残りやすくなりました。 オフセット印刷ほどではありませんが、紙が持つ質感を残した印刷が可能になります。 言い換えますと、同じ印刷データであっても用紙によって仕上がりは変わって見えるようになります。

新旧プリンタスペック比較

プリントライのオンデマンド印刷は、1台のカラーLEDプリンタで対応しています。

AP C650 DC 1450GA DP C5000 d DC-V C2275
タイプ DTP向けハイクラス
フルカラー複合機
DTP向けハイクラス
フルカラー複合機
一般向けミドルクラス
カラープリンター
事業所向けミドルクラス
用途 全印刷物 旧メイン 旧サブ 旧封筒
解像度 2400dpi 2400dpi 1200dpi 1200dpi
トナー マットトナー
Super EA Ecoトナー
微コートトナー
EA-Ecoトナー
コートトナー
画質 最高 最高
出力速度
印刷コスト
納期
大きさ
価格帯 650万程度 450万程度 100万程度 200万程度
状況 2021年12月1日より 2021年11月30日まで
備考 LEDプリンタ
バランス重視
レーザープリンタ
画質重視
LEDプリンタ
コスト重視
PostScript3追加
サイドトレイ追加
LEDプリンタ
機能重視
PostScript3追加
サイドトレイ追加