梱包方法

梱包方法は、事前の予告なく変更になることがあります。

封筒は新品を使用します。 箱(ダンボール)は既製品の新品を使用することもありますが、仕入などで使用したメーカー名の入ったものを再利用することもあります。 委託注文などで再利用では問題がある場合はお申し出ください。

メール便や宅急便など、サイズが大きくないものは封筒を使用します。 箱や封筒を使用しない包装の場合は、防水性のある用紙を使用します。 商品が散らばらないよう仮包装を行うことがあります。 この場合は、印字チェックに使用した用紙を再利用いたします。

一部の商品は紙箱を使用します。 数量が少ないものは紙で包むだけの包装となります。 プラスチックごみ削減を目的に、OPP袋の使用はできる限り避けるようにしています。

名刺などのカード類

オンデマンド印刷では、テープ付PP袋に封入します。 ゆうパケットなどの郵便受けにお届けする配送方法では、厚さを抑えることで送料を安くできるものがあります。 このため、角2封筒に入る大きさを上限に、小分けにして梱包されます。

オフセット印刷では、シュリンク梱包または、テープによる結束となります。 紙やプラスチックなどによる箱詰めではありません。

チラシ・フライヤー

チラシは一定部数ごとに紙で結束し、それらを包装紙で包みます。 部数が少ない場合はPP袋に封入します。 基本は、カード類と同等です。

オンデマンド印刷では、A4より大きいサイズは丸めて(筒状)の梱包になります。 広げたままがよろしい場合は事前にご連絡いただくか、備考にその旨をご記入ください。 容積が増えるため送料が大幅に上がり、全額をご負担いただきます。

封筒

封筒は1箱分の部数であれば箱のままになります。 部数が少ない場合は紙帯で結束し、それらを包装紙で包みます。

長3封筒は1,000枚で1箱、角2封筒は500枚で1箱になります。

スタンプ

ネーム印・訂正印は専用の箱に入れたうえで、緩衝剤で包みます。 スタンプは専用の箱はありませんので、直接緩衝剤で包みます。

緩衝剤は、空気入りのモノでプチプチ・エアーキャップと呼ばれるものと同等です。