RGBカラー対応

フリーソフトのRGBカラーでも入稿できます。 オンデマンド印刷・インクジェット印刷では、RGBカラーの発色を生かしたプロファイルを適用することで、他店にはない鮮やかな印刷を行います。

はじめに

フリーソフトの多くはRGBカラーしか扱えません。 CMYKカラーのデータではないために、フリーソフトでデータを用意しても、受け付けてもらえないこともあったのではないでしょうか。

当店は創業時よりRGBカラーに対応しており、多くのフリーソフト独自フォーマットのテンプレートファイルを提供するなど、積極的にRGBカラーの受付を行っております。 印刷には、視覚的に一番近いと思われる「sRGB知覚的」プロファイルを採用しています。

なお、オフセット印刷でもRGBカラーのデータで入稿できますが、CMYKカラーに変換して出力を行います。

RGBカラーの印刷料金について

RGBカラーに対応した印刷は無料です。 ファイルのカラーモードを確認のうえ、RGBカラーであれば既定のプロファイルを指定して印刷します。

モニタの色≠印刷の色

モニタの色はRGBの3色を混ぜ合わせることで「白」くなる表現方法です。 印刷の色はCMYの3色とKを混ぜ合わせることで「黒」くなる表現方法になります。

色の表現方法が、混ぜ合わせることで白と黒になるのでは全然違うことが分かります。 このため、画面で見た通りの色を印刷するのは難しい、さらに色によっては印刷できないのです。

ノートパソコンの液晶画面は青味が強いものが多く、印刷すると赤味の強い色合いになります。 モニタ上で肌色が強めのものは、印刷すると暗くなりがちです。 気持ち淡い色合いにすることでバランスの良い色合いで印刷できます。

少しだけ薄い黒は掠れの原因となります。 完全な黒にするか、青または赤を濃いめに入れてください。

安全なデータの作り方

RGBカラーに対応しているとはいえ、同じ色で印刷はできません。 印刷とは色味が異なりますが、程度をおさえることは可能です。

RGB各色の混合率が高くなるにつれて、色の差異も比例して大きくなります。 蛍光色と言われるような、水色・桃色・黄緑色などの色は大きく変わります。 パステルカラーと言われるような、淡い色・落ち着いた色はあまり大きく変わりません。 彩度を下げる・落ち着いた色にすることで、わりと画面に近い色で印刷されます。

ビビッドカラーについて

「ビビッドカラー印刷」という単語が増えてきました。 RGBカラーのプロファイルを適用するものが多いですが、業者によって設定内容が一致しないことが多く、注意が必要です。

当店では、全体のバランスを優先し、視覚的に差異の少ない「知覚的」プロファイルを採用しています。 イラストや写真などの出力に向いています。

画面の明るさをインキの濃度にパーセンテージで置き換えた「彩度」プロファイルは、鮮やかさよりも明るさを優先したもので、グラフや図形などの所謂グラフィックの出力に向いています。

RGBカラー向けに特別に開発された高彩度・高輝度(高発色)トナーを使用する業者も存在しますが、特殊印刷の分類で設備投資が必要なため、当店では対応できません。

画質補正設定オプション

オンデマンド印刷では、画質補正設定オプションの中でRGBカラーの出力に影響する、ビビッドカラー・カラー変換を指定することができます。 詳しくは、オプションの詳細画面にてご確認ください。

RGB対応