データメイキング

使い慣れたソフトウェアで入稿データを作成したい。 プリントライなら、プロユースのIllustratorやPhotoshopはもちろん、フリーソフトのInkscapeやGIMP等で作成したRGBカラーのデータでも入稿できます。

ご説明のないソフトウェアをご利用の場合、高確率で不備となっております。 ダミーの内容で作成したデータをアップロードいただき、事前にお問い合わせください。

注文の方法など、サイトの使い方についてはご利用ガイドをご覧ください。

はじめに

入稿データは、基本的に一面一ファイルです。 片面の場合は一ファイル、両面の場合は表と裏を別のファイルに分けて二ファイルとなります。 編集で使用しているファイルをそのまま入稿するのではなく、入稿用に最終調整を行ったファイルをご用意ください。

印刷する内容とトンボが見えている状態に表示を変更して「統合」してください。 ソフトウェアにより異なりますが、「レイヤー統合」・「画像統合」・「レイヤ情報破棄」などの機能を使用します。

冊子など頁物の場合は、見開きでファイルをご用意ください。 面付け用に配置を変更する必要はありません。

デザイナーに依頼したファイルや、会社において担当者が転属や退社などで編集できないなど、手を加えられない環境の場合は事前にご連絡ください。 有償にて対応いたします。

入稿が初めての場合

入稿が初めての場合は、じっくりと解説をお読みください。 これまでお問い合わせいただいた内容、不備となった事例を元に記事を作成しております。

まずはデータをご用意いただき、入稿できるかどうかお問い合わせください。 仮の内容でも問題ありません。 注文の際に、備考にて問い合わせはご遠慮ください。

注文後してから入稿データの問い合わせは絶対に避けてください。 ご不明なことは注文前に問い合わせてください。 行き違いがありましても、必ずお支払い・お納めいただきます。

乗り換えの場合

他店から当店にご注文先を変更される場合、入稿データが完全データであればそのまま使用することができます。 ただし、完全データでない場合の対応は異なる可能性があります。 ご不安な場合は、必ず事前にご確認ください。

校正用データでは入稿できないことがあります。

完全データとは

完全データとは、入稿用に調整されたデータのことです。 当店では、ファイルを開くことなく、リンク(参照)配置することで、印刷工程にすすめることが出来る状態のデータを指します。

完全データでなくても入稿できますが、仕上がりや納期に影響することがありますので予めご了承ください。

  • 1頁は1ファイルに分ける

    両面印刷の場合、表と裏を1つのファイルにまとめてはいけません。 つまり、表で1ファイル、裏で1ファイル、計2ファイルを用意してください。

  • 印刷領域は塗り足しまたはトンボまで広げる

    印刷領域(アートボード・ドキュメント・ページ・キャンバスなど)を設定できるソフトウェアでは、塗り足しが追加されていても、印刷領域以外は印刷されないため塗り足し不備となります。ません。 塗り足し設定を追加するか、塗り足しまたはトンボまで印刷領域を広げてください。

  • カラーモードはCMYKカラーで統一する

    画面上では同じ色でも、カラーモードが異なると違う色で印刷されます。 CMYKカラーに対応しているソフトウェアでは、必ずCMYKカラーで色の調整を行ってください。

  • ラスタ画像はカラー350dpi、モノクロ600dpiで統合しておく

    解像度が高すぎても印刷の品質には影響しません。 解像度の高さよりも、画像の鮮明さを重視してください。 重なり合った画像で見えない部分は印刷に不要ですので、統合してデータ容量を軽くしてください。 重なり合った画像は一枚の画像に必ず統合してください。

  • 印刷しない情報は削除する

    トレース用のスキャンデータ、差し替え用のオブジェクトやカラーチャートなど印刷しない情報は非表示ではなく削除してください。 エクスポート機能を利用した場合は、非表示のみで対応できる場合もあります。

メイキング

一覧にないアプリケーションソフト)は、その他よりタイプ別にご覧ください。 ご不明な点は、お気軽にご相談ください。