注文が完了できないという連絡を頂いており、現在確認中です。

入稿データ変換「ここプリ」(新型)

入稿データ変換サービス「ここプリ」は、画像の中から印刷範囲を指定して入稿データを作成できるサービスです。 開発はプリントライの運営であるぺんラボが担当しており、現在は当店での安定動作を重視して調整が行われています。

上手く動かない、予想に反した動作をするなどがあれば、お問い合わせにてご連絡いただければ幸いです。 従来型の入稿データ変換サービス「BM2PS」もご提供は継続しております。

使い方は2通り

「ここプリ」で画像ファイルを読み込む方法は2通りあります。 先にアップロードを済ませた画像ファイルを指定する方法と、後で画像ファイルを選択する方法です。

以下、流れが異なる箇所については、「前者」「後者」と表記いたします。

<前者:STEP1>先にファイルをアップロードする

kokopuri10

画像ファイルを先にアップロードします。

高画質で撮影された写真や、トリミング・リサイズ前のイラスト等の場合は、先にアップロードしておく事をお勧めします。 アップロードされた画像ファイルは、表示用にファイルサイズが圧縮された代替画像が用意されます。 以降はこちらを使用しますので、動作の負荷を減らすことができます。

<前者:STEP2>先に画像ファイルを指定する

kokopuri01

ファイルマネージャより、ファイルの一覧を確認します。 入稿データ変換に対応しているファイルには「入稿データ変換」のボタンが表示されます。

「ここプリ」は新型です。 旧型は従来型の「BM2PS」で印刷と同様に設定して変換するサービスです。 将来的には統合される予定です。

kokopuri02

詳細画面では、テーブル表示の下に項目が表示されます。 対応していないファイルであれば、入稿データ変換の項目は表示されません。

<前者:STEP3>先に読み込む

kokopuri03

「ここプリ」が起動し、指定したファイルの読み込みが完了しました。 問題がないようであれば、印刷範囲を選択するにお進みください。

しばらく待っても画像が表示されない、画像がズレて表示されるなど不具合を感じられる場合は、使用を中止してご連絡ください。

画像ファイルを変更したい、アップロードをやり直したい場合などは、先にここプリを起動するもお試しください。

<後者:STEP1>先にここプリを起動する

kokopuri07

ここぷり」を先に起動して、後から画像ファイルを指定する方法です。 とりあえず弄ってみてからアカウントを作成するかどうか検討する場合にはこちらの手順をご利用ください。

問題なく起動したら、ファイルを選択してください。 ファイルを選択するボタンは、ご利用のブラウザによってデザインが異なります。

<後者:STEP2>後から読み込む

kokopuri08

画像ファイルの読み込みが完了しました。 問題がないようであれば、印刷範囲を選択するにお進みください。

読み込みが完了するまで、少し時間がかかるかもしれません。 ローカルの画像を直接読み込むのは、HTML5より実装されたFile APIという機能を利用しています。 対応していないブラウザ・セキュリティのレベルを上げている環境では、正常に読み込めない可能性があります。

読込が完了しないようであれば、先にファイルをアップロードするをお試しください。

印刷範囲を選択する

kokopuri04

「仕上サイズ」から希望のものを選択し、横型または縦型の何れかを選択します。 ここで選択した条件と相似の範囲を選択できるようになります。 つまり、縦横の比率が固定されたまま大きさと位置を変更できるようになります。

右側の大きな画像の上をドラッグすることで、印刷範囲を指定できるようになります。 クリックすると範囲はリセットされます。 仕上イメージはリアルタイムに更新されますので、参考にしてください。 仕上イメージを優先しますので、解像度が低くても不備とはなりません。

保存する

kokopuri05

印刷範囲の選択が完了したら「保存」します。 正常に完了すれば、ファイルの詳細画面に移動します。

保存後、変換済みファイルのダウンロードは行っておりません。 画像ファイルを後から読み込んだ場合は、保存時にアップロードが実行されます。 画面が切り替わるまで時間がかかることがあります。 また、ファイルサイズが大きいと送信に失敗することがあります。 この場合は、先にファイルをアップロードするをお試しください。

変換後に確認する

kokopuri06

画像ファイルが入稿データに変換されました。 ファイル詳細の仕上げイメージと、ここプリの仕上げイメージが同じイメージになっているか確認してください。

表示しているファイルが変換後のファイルかどうかは、Creator情報で確認できます。

問題がなければ、このファイルを入稿データとして注文できるようになりました。 これ以降は、注文方法:ファイル選択から始めるをご覧ください。