Inkscapeについて

Inkscape(インクスケープ)についてまとめました。

ヘルプアイテム EPS形式のファイルを開けません

Inkscapeは、EPS形式の書き出しには対応しているものの、読み込みには対応していません。

ご注文をお約束いただける場合に限り、SVG形式への変換を承ります。 形式を指定して保存し直すのみで、データ修正は行いません。 ファイルをアップロードの上、お問い合わせください。

ヘルプアイテム Inkscapeのデータで注文しても本当に大丈夫ですか

店主は、解説本が刊行される前からInkscapeを使い続けているユーザです。 使用実績と経験から、安心してご注文いただけるのを確認してご案内しております。

当店でご注文いただく入稿データは、ほとんどがInkscapeで作成されています。 基本的な作り方さえお守りいただければ、印刷に使用できますのでご安心ください。

ヘルプアイテム InkscapeとGIMPの違いは何ですか

Inkscapeはドローツール、ベクターツールなどと呼ばれ、ベクタ(パス)で図形を描画します。 ベクタは、位置・距離・方向などその他の要素で構成されるため、拡大・縮小・変形などを行っても劣化しない特性があります。

これに対し、GIMPはペイントツールなどと呼ばれ、ラスタ(ビットマップ・ドット)で図形を描画します。 ラスタは、色(と透明度)の情報を持つの点の集まりで構成されるため、何らかの変更を行おうとすると劣化する特性があります。

ベクタであれば、機械の性能を最大限生かした細かさで印刷ができるため、Inkscapeのご利用をお勧めしています。 GIMPで作成した画像でも、当店では画像入稿をご利用いただくことで入稿に対応しています。

ヘルプアイテム データの作り方で注意することはありますか

詳しくは、Inkscapeで入稿データを作成するにまとめてあります。

ヘルプアイテム トンボが出力されません

通常はドキュメントのみが出力の対象となります。 描画全体を対象にして下さい。

詳しくは「入校時の保存設定」をご確認下さい。

ヘルプアイテム フォームに数値を入力できません

画面を構成するためのライブラリの不具合が原因です。 0.91.xを含め0.48.3以降は環境により不具合が発生しキーの入力を受け付けないことが確認されています。

ポータブル版ではライブラリが異なるためか不具合は発生しないようですが、有志が用意した非公式のファイルですので、ウィルスやスパイウェアが混入する可能性もありますのでご注意下さい。

Inkscapeのバージョンが0.48.2が一番安定してます。 ライブラリのバージョンを更新してソースコードからコンパイルし直すと回避できるようです。

ヘルプアイテム 画像がネガ風や真っ黒に化けます

InkscapeからPDF形式で書き出す際に、画像がネガのように色が反転したり、真っ黒に塗り潰されてしまうことがあります。 これは、画像のカラーモードが「インデックスカラー」のGIF形式で発生する問題です。

GIF形式では保存せず、カラーモードが「RGBカラー」に対応しているJPEG形式やPNG形式で保存してください。 よく分からなければBMP形式で保存してください。

この問題を当店で対応する場合(調整をご依頼される場合)は、基本工賃300円/面(入稿データ1点毎)、画像500円/点(画像ファイル1点毎)を申し受けます。 SVGファイルとリンクファイルを1つのフォルダにまとめZIP書庫で1ファイルに纏めてアップロードしてください。 なお、上記は全て税抜価格です。